· 

定例探鳥会

【天候】晴れ

 

大島桜や山桜が美しく、春爛漫の普正寺の森、風もなく気持ちのいいウオッチング日和に40名の愛鳥家が集いました。鳥たちの囀りが森の中に響き渡り、可愛い草花にも心が和み、楽しい会話も弾んでいました。森のなかでは地上で餌をついばんでいるアトリやツグミなどの冬鳥、川ではカンムリカイツブリの美しい夏羽の冠羽を観察、夏鳥のルリビタキも人気でした。海に出るとテトラポットの上に羽を休ませているハマシギ、ミユビシギの群れ、代わる代わるにスコープで確認することができました。お天気に恵まれた平成最後の定例探鳥会でした。

 

【観察できた鳥】

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、
アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、
オオバン、ミユビシギ、ハマシギ、ミサゴ、トビ、
コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、ハヤブサ、サンショウクイ、
ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、
イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、メジロ、
ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ルリビタキ、
ジョウビタキ、ノビタキ、コサメビタキ、オオルリ、スズメ、
キセキレイ、アトリ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、
カシラダカ、アオジ 

計47種

 

【参加者】

40名