兼六園探鳥会

【天気】晴れ

八重桜と早咲きのツツジがちらほら咲く早朝の園内、最初に姿を見せたのはコゲラ、ちょこちょこ木を登る様はいつ見ても可愛い。夏鳥のオオルリが高い木の上に1羽プロミナーで確認、園の真ん中あたりでは、大きな松の上部が枯れて平らになったところにカルガモが2羽、なんとも珍しい眺めでした。毎年よく観察される小川では、今回もコマドリ、ヤブサメがツーショットで姿を見せてくれました。みんな盛んにシャッターを切って、ちょっと満足の兼六園でした。

 

【観察された鳥】

カルガモ、キジバト、アオサギ、トビ、コゲラ、
ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、
ヒヨドリ、ヤブサメ、エナガ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、
メジロ、ムクドリ、コマドリ、イソヒヨドリ、キビタキ、
オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、
ウグイス、イカル

計27種

 

【参加者】

計21名